意外と負担大な営業経費の立て替え

営業の仕事をしている人は、とても多いですね。
ほぼ全ての会社が複数の人を必要としている職業ですから、人数が多いことはとても自然なことだと思います。

しかし、営業はとても大変な仕事です。
暑い夏でも寒い冬でも外回りをしなくてはならず、交渉のために人に頭を下げてばかりの仕事です。
求人数が多いため、誰でもなれるように思われていますが、実は非常に忍耐とコミュニケーション能力が問われる難しい職業です。

そんな営業職の人が困る問題の1つとして「営業経費の立て替え」があります。
取引先に持っていくお土産代や接待費など、さまざまなところで仕事のためにお金を使う必要があります。
もちろんそのお金は会社から出るものなのですが、『後払い』が基本です。

使い込みを避けるために当然のことなのかもしれませんが、これがかさむと結構生活が圧迫されてしまうものなのです。
1ヵ月後の支払いを待つために、手元に残った少ないお金でやりくりして生活するのはとても大変でしょう。

経費は借り入れすれば、うまくまわせる

こういう時に便利なのが、キャッシングです。
営業経費として支払ったお金はあくまで「立て替えているだけ」。
1ヶ月経てば返ってくるとわかっているのですから、立て替えた分をキャッシングしてしまえばいいのです。
30日間無利息キャンペーンを行なっている消費者金融を利用すれば、利子を払うことなく生活をラクにすることができます。

30日間無利息キャンペーンが利用できるのは「初回だけ」というところも多いので、利用前に確認しておきましょう。
その後は、できるだけ金利の安いところ探してキャッシングのカードを持っておくと、お金に困った時にいつでも借りることができてとても便利です。
気をつけておきたいのは、「借りすぎに注意」ということ。
いざ余分なお金が手に出来るとなると、必要以上のお金を借りてしまうという人がいます。

本来の生活費に戻すためだけであれば、立て替えている金額だけを借りればいいのですが、「ついでにアレも買っちゃおう」なんて欲を出して多めに借りてしまう・・・という感じです。

返済できるアテがあるのであればこうした使い方もありかもしれませんが、そうでないのであれば必要最低限の金額だけ借り入れするようにしましょう。

無利息キャンペーンが終わると、借りているお金には利息がつきます。
営業経費の立て替えと借金の利息がダブルで生活を圧迫してしまうことにならないように、計画的に利用しましょう。

このページの先頭へ