「お金がなくて最期のお別れできない」をやめるために

人は突然亡くなってしまうものです。
前々から病気で死期もなんとなく感じ取っていた・・・というパターンは家族内だけ、というパターンがほとんどでしょう。
親戚や友人の訃報は、まさしく寝耳に水をかけられるとうに飛び込んでくるものです。

しばらく会っていなかった相手であったとしても、やはりお葬式には行ってあげたいと思うもの・・・。

しかし、お葬式に行くということは、とてもお金がかかることでもあります。
こうした理由からお葬式に行くのをためらってしまう人もいるのではないでしょうか。
そして、「お金と人の死を天秤にかけるなんて」という自責の念を感じられる人も少なくないようです。

こういう時こそ、キャッシングに頼ってください。
アルバイトでも定期的な収入がある人であれば、お香典代ぐらいは簡単に借りることができます。

緊急事態はどこで発生するかは判りません、入院費用を借りる。突然のケガ・病気でもカードローンで乗りきれるでも説明していますが、困ったときはキャッシングに頼って、その場を乗り切りましょう。

お金が足りなくなってもカードで簡単にキャッシングできる

「喪服を持っていないから、喪服のお金もかかる!」と焦る人もいるかもしれません。
確かに喪服は、数年前まで非常に高価なものでした。
香典と合わせるとあっという間に10万円を超えるなんてことも少なくなかったでしょう・・・。

しかし、最近ではイオンモールやしまむらといったところで安価な喪服が販売されています。

喪服はめったに着ないものですから「使い捨て」ぐらいの気分で安いものを買っても問題ないでしょう。
お葬式会場では全ての人が故人の死を悲しんでいますから、洋服の質なんて誰も気にしません。
ご遺族の目から見ても、適当な服で行くより安価な喪服の方がずっと好印象でしょう。
適当な私服で行くと、あなた自身ではなく故人やご遺族に迷惑がかかるかもしれないということを忘れないでいてください。

最近のキャッシングは非常に審査が早く、申し込んだその日にお金を借りられるというところも増えています。
訃報を聞いたその後にお金を借りに行っても充分に間に合います。
遠方の場合、交通費や宿泊費などを用意することも忘れないようにしてください。
交通費が足りず、仕方なくスピードの遅い交通機関を使ってお葬式に間に合わなかったり、向こうに到着してから泊まるところがなく困ってしまったり、ということが考えられます。

そちらに親しい友人がいる場合は泊まらせてほしいとお願いしてもいいかもしれませんが、ご遺族に頼むことはやめておきましょう。

キャッシングのカードは1度作ってしまえば、限度額まで何度でも気軽に借りることができます。
葬儀場近くのキャッシングATMを調べて、そこのカードを作ればいざという時の出費にも対応できます。

このページの先頭へ