引越し代を支払う直前にキャッシングしよう!

急に引っ越さなければならなくなった・・・ということも、ままあることのようです。
転勤になってしまったり、実家に帰らなければならなくなったり、理由はさまざまですが、共通している問題点は「引越し代がかかる」ということです。

1人暮らしの人で近場への引越しであれば、単身パックなどを利用すればそんなにお金をかけずに引っ越すこともできるでしょう。

しかし、荷物の多い人、家族で住んでいる人、引越し先が遠い人にとって、引越し代という突然の出費はかなり家計にダメージを与えることになります。
それ以前に、「そんなお金、支払えない!」なんて人もいるでしょう。

こんな時も、キャッシングが役に立ちます。
その人の収入や状況に応じて借りられる金額は変わってきますが、引越し代金だけであれば借りられることが多いでしょう。

最近ではインターネットで「一括引越し代見積もり請求」のできるサイトがあります。
そうしたサイトを活用して、「最低、いくらで引越しできるのか」を調べてから、支払い直前にキャッシングしましょう。
1日でも借りている期間が短ければ、その分利息が安くなるからです。
「引越し準備で忙しくなるだろうから」と前もって借りておくと、その分利息が多くなるということを覚えておきましょう。

キャッシングをしてもお金が足りない!そんな時はどうする?

もし、キャッシングを利用しても引越し代が足りない場合はどうすればいいでしょうか。

まず、大型家具を処分していきます。
大型家具を運ぶためには、それ1つだけで数万円のお金がかかることがほとんどです。
なので、引越し代金を安くしようと思うのであれば、大型家具を処分するところから始めましょう。

大型家具は処分するだけでお金がかかるイメージがありますが、個人間売買・譲渡サイトや地元紙などを活用すれば、安価で処分できることがあります。
うまくすると、少し収入になるかもしれません。

個人間売買・譲渡サイトとは、オークションサイトなどの個人間で物をやりとりするサイトのことです。
オークションサイトに出品して落札されれば、それだけ収入を得ることができます。

出品しても売れないようなものであれば、地元紙やサイトなどで「無料で譲りますコーナー」を探してみましょう。
この時の条件として「引き取りにいただければ無料で差し上げます」とすれば、こちらからの出費はありません。

借り入れと出費の削減。
これで引越し代が足りない!という事態は防いでくださいね。

このページの先頭へ