「2015年2月」の記事一覧

信用に対する不安と金利の関係性

信用力が低くなると、お金を貸してくれる人はいなくなります。 あなた本人も、信用できない人にお金を貸したくないで・・・

物価と金利の関係性

物価上昇に伴い、資金がコモディティ市場での運用に流れていきます。 そこで、日銀は金融の引き締めを行います。 金・・・

季節と金利の関係性

週・月単位など、非常に短いサイクルの金利変動もあります。 このように、季節・時期的な要因に応じた資金の需要・供・・・

景気と金利の関係性

3~5年ほどの中期にわたる金利の変動は、景気サイクルの影響を受けています。 ところが、長期的な視点で見ると経済・・・

経済成長力と金利の関係性

経済成長力は、10年~20年といった長期金利の形成に多大な影響を及ぼします。 日本の経済成長力が下がりつつある・・・

長期金融市場について

長期金融市場は、債券市場と株式市場に分かれています。 長期金利の指標は、債券市場で取引されている、10年物利付・・・

短期金融市場について

短期金利の適用対象は、貸借期間が1年未満の取引であり、短期金融市場で取り扱われます。 短期金融市場は、インター・・・

金融に対して日本銀行が担っている役割

日本銀行は、複数の金融政策によって、短期金利などの金利に影響を及ぼしています。 そのため、現在の景気や金利に対・・・

預貯金によるインフレのリスクヘッジは不可能

日本における不景気の継続と物価上昇のスタグフレーションという状態。 この予想が実際に発生し、深刻な状況となった・・・

お金に対する需要と供給のバランスによって金利動向が決まる

金利は、お金を貸す事で運用したい人と借りたい人の数によって、止まる事なく変動しています。 お金を借りる人が多く・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ