外貨投資の収益率。外貨の売買益だけでなく金利差でも収益がでるFX

外貨預金、外国債券といった、外貨建ての金融商品も多くあります。

利回り計算は基本的には円建てのものと同じです。

ここ最近、個人の外貨投資で人気なのが外国為替証拠金取引、「FX」です。

その金利について取り上げてみます。

FXは為替差益を狙い、外貨売買する投資方法です。

しかし、特定の条件で「スワップポイント」と言われる金利収入みたいなものがあります。

この通貨を売って、あの通貨を買うという取り引きがFXです。

円を売ってドルを買うという感じです。

この時、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うと、金利差分が「スワップポイント」として得られます。

例えば、円の金利が1%、米ドルが3%だとします。

円を売って米ドルを買ったら金利差である2%相当の額がスワップポイントとして入ってくることになります。

ちゃんと言えば、金利とは異なるのですが(金利水準が異なる通貨間の金利調査成分なので)、金利に似ているので外貨預金の利息収入にように考えている人が多いのです。

スワップポイントの狙うときに注意すること

スワップポイントにはいくつか注意すべきことがあります。

1つは、「毎日変動している」ということです。

金利差は、それぞれの通貨の金利動向により、常に動いています。

なのでスワップポイントも常に変動していると言えます。

次に、スワップポイントはそれぞれのの通貨の金利差ですから、それぞれの国の金利動向に目を向けていなければいけません。

外貨預金などは投資先の国だけを見ていればいいですが、スワップポイントは2つの国をそれぞれ見ていないとダメなのです。

例えば、アメリカの金利が上がっていても、日本の金利も同じように上がっていたらスワップポイントは増えません。

もう1つ、高い金利の通貨を買って、低い金利の通貨を買ってしまうとスワップポイントを逆に支払わなければいけなくなります。

FXは円高の時でも外貨を売って為替差益を狙うということができます。

しかし、日本のように低金利の通貨を買う場合はスワップポイントをどうしても支払うことになります。

スワップポイントを支払うのはコストの負担になるので注意すべきことでしょう。

レバレッジによって大儲けもできるが、大損することもある

スワップポイントは通常、1万通貨あたり1日分が表示されます。

業者にもよるのですが、例えば豪ドルを売って円を買った時のスワップポイントが180円の場合、年間のスワップポイント額は6万5,700円です。

1豪ドル=75円だと、投資元本は1万豪ドルで75万です。

しかしFXの場合、投資元本を全てう買う必要はありません。

一部を証拠金として収めれば取り引きができるのです。

1万通貨を投資するのに必要な75万円のうち、10%の証拠金で取り引きできるなら、7万5000円を投資元本と見なせます。

1年間で6万5000円のスワップポイントが得られることになるのですから、率にすれば87.6%になります。

75万円の投資元本で6万5000円のスワップポイントを得た時は利率にすると8.76%ですが、10%の証拠金で取り引きした時は10倍のレバレッジがスワップポイントにもかかることになるので、87.6%という高いリターンが実現したのです。

このようにあビバレッジは魅力的ですが、元本の損益も為替レートの値動きに反応するようになります。

僅かな値動きで証拠金額は失われるケースもあるので、レバレッジを高めれば、かなりのリスクも発生するということを念頭に注意をしましょう。

もちろん、例えで出した数字は推測値です。

スワップポイントは金利動向によって毎日変動しているのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ